債務整理と任務整理

債務整理と任務整理

借金に関する悩みを抱えている方の中には、債務整理イコール任意整理と考えている方もいらっしゃるでしょう。

 

債務整理とは任意整理・自己破産・個人再生・特定調停といった、4つの借金整理の総称を指します。
債務者に最適な方法で借金を返済する計画を立て、それを実行することで借金解決をはかろうとする手続きのことです。

 

一方、任意整理とは、裁判所を通さずに債権者(金融業者)と交渉を行い、借金を整理することです。
借金を減額したり、過払い金を取り戻せるというメリットがありますが、公的機関を通さないため強制力がなく、必ず債権者が話し合いに応じないとならないという義務はありません。
そのため、債務者本人が直接交渉を試みると相手にされず、失敗に終わってしまうというケースも少なくないようです。
確実に成功するためには弁護士や司法書士に任せるのが良いでしょう。
過払い金返還請求は任意整理の一種で、債権者との合意・和解を目指すものなので法的手続きが少なく、早期に解決することができます。