司法書士の報酬説明

司法書士の報酬説明

着手金

手続きに着手する前に支払うものです。
依頼した段階で支払うため、仮に不成功に終わったとしても返還はされません。
あくまで依頼のために支払うものであり、簡単に言うと人件費や経費のような性質です。司法書士事務所によって金額は異なりますが、通常は1社あたり0〜5万円とされています。
この着手金を無料としている事務所も増えてきていますが、その代わりに他の報酬費用を割高に設定しているケースもあるので、総合計費用での検討を行いましょう。

 

基本報酬

過払い請求や任意整理に成功しなくても支払う報酬です。
通常は1社あたり2万〜3万5千円で、支払う額は借入先の件数によって異なります。

 

過払い報酬

事務所が交渉に成功し、過払いを取り戻した場合の報酬のことです。
成功報酬ともよばれていますが、手元にはじめて返還されたときに支払います。
通常は実際に取り戻した過払い金の10〜20%です。

 

減額報酬

過払い報酬(成功報酬)以外に支払う必要がある成功報酬のことです。
借金を減額した場合の成功報酬で、通常は減額した金額の0〜10%です。
なかには減額報酬を徴収せずに過払い報酬(成功報酬)に含め、通常10〜20%の過払い報酬を30%程度に設定している事務所もあります。

 

訴訟手数料

消費者金融やクレジット会社など、企業との和解交渉が決裂した場合は裁判に持ち込むことがあります。
その際に発生する費用で、通常は約5万円程度とされています。

 

 

司法書士への支払いは着手金のみを事前に支払う方法や分割払いなど、事務所によって様々です。
また、取り戻すことに成功した過払い金額から一括して報酬や着手金を差し引く方法もあります。
この場合、初期に発生するコストを軽減することができるので、依頼時に支払いを気にすることがありません。
依頼するために再び借金をすることのないように、まずは無料相談などを利用して支払い方法を確認したうえで依頼をしましょう。